コワン・ハケット認定プロフェッショナル・アニマルコミュニケーター養成コース

※略称はプロ養成コース。開催スケジュールは下のボタンをクリックするとご覧になれます。


 

アニマルコミュニケーションを本格的に学びたい方、プロのアニマルコミュニケーターを目指す方におすすめの専門性の高いプロ認定コースです・・・

 

教えられる講師がほとんど皆無と言われるほど難度が高い行方不明動物捜索スキル、トラウマが原因の問題行動解消スキル、動物との会話から「保護者・飼い主の心身の状態」を把握する画期的なスキルなど、数々の最先端テクニックが学べます。

 

新世代のアニマルコミュニケーターのプロに必須の専門性の高いスキルを伝授いたしますので、以下のようなお悩みをお持ちの方々に特におすすめいたします。

 

「これまで受けたアニマルコミュニケーション教育では動物と会話をする能力が充分身に付かなかった。」

 

「一般的な会話はできるようになったけれども、迷子動物捜索やトラウマ解消の方法が分からない。」

 

「これまで学んだアニマルコミュニケーションのテクニックを使ってみたけれども動物の問題行動を実際に解消することができなかった。」

 

 

■CH認定プロフェッショナル・アニマルコミュニケーター養成コースの概要

 

コワン・ハケット・メソッド( CHM )によるアニマル・コミュニケーションの理論とスキルを6段階のレベルを通じて学びます。全6レベルを修了することにより、世界を舞台に活躍できる真のプロとしての実力を完成させます。

 

 

何処かでアニマル・コミュニケーションを学んだ経験のある方にも、コワン・ハケット・メソッド(CHM)の画期的なオリジナル・テクニックは新世代のコミュニケーターに無くてはならない貴重なツールとなることでしょう。

 

全6レベル 修了者には、

●  コワン・ハケット認定プロフェッショナル・アニマルコミュニケーター

●プロフェッショナル・アニマル・ウィスパラー (旧名称: PBTプリエンティブ行動セラピー・プラクティショナー)

の2つの資格が与えられます。

 

『 レベル1 』は入門レベルに相当します。 

 

コワン・ハケット・メソッド(CHM)によるアニマル・コミュニケーションを基礎からしっかり学ぶことが出来ますので、レベル1は「プロを目指すかどうかは分からないけれども、まずは動物との会話の初歩を体系的に学びたい。」という未経験者や初級者にも相応しい内容です。

 

コワン・ハケット・メソッドの最大の特徴は、シンプルでスピーディな動物との会話を通じ、複雑で深遠な情報を引き出すことを可能とするそのオリジナル技術にあります。

 

以下の5項目は特にコワン・ハケット・アカデミーが最先端の教育を提供できる分野と言えるでしょう。

 

「トラウマ・インフォームド・プラクティス」・・・・・・トラウマ、恐怖体験の有無に留意し、恐れの根本原因を突き止め、トラウマ解消に導きます。

 

「ウィスパリング」・・・・・・攻撃性その他様々な動物の問題行動を未然に防ぐための専門スキルです。動物へのウィスパリングをマスターした卒業生は「プロフェッショナル・アニマル・ウィスパラー」(旧名称:プリエンプティブ行動セラピー・プラクティショナー)の認定を取得することが出来ます。

 

「トパフ・ウィチョン」・・・・・・動物との会話を通じ、保護者・飼い主が気付く必要のある身体的不調や精神的課題を突き止めることが出来るという素晴らしく有益なスキルです。

 

「精緻なボディー・スキャン」・・・・・・シュンカ・ワカンが編み出したオリジナル・テクニックを用いて驚異的な詳細情報を入手することが可能です。しばしば動物の身体の不快感や不調の早期発見に繋がります。

 

 「迷子&行方不明の捜索」・・・・・・現在の居場所の「詳細で具体的な特徴」を動物との会話から得るテクニックを訓練します。さらに動物との会話を通じて帰宅支援も行います。

 

 コワン・ハケット認定プロフェッショナル・アニマルコミュニケーター、およびプロフェッショナル・アニマル・ウィスパラー の2つの認定を取得した卒業生はクライアント様に対して、常にベストな状態でアニマル・コミュニケーションを提供できる、真のプロとしての実力を身に付け、動物たちの生きる環境の改善に大きく貢献していくことが可能になります。

 

 

■レベル1の学習領域


コネクション
アニマルコミュニケーションの基本概念
筋反射テスト
ペンデュラムの使用法

アニマル・ダウジングの基礎
動物の解剖図について
対面アニマルコミュニケーションのスキルの習得と実践
遠隔の(写真を用いた)コミュニケーション
フリッカー
アンカー
トラウマ・インフォームド・プラクティス (トラウマに留意した実践)
自身を培うためのエクササイズ
その他

 

 

 ■レベル2の学習領域


飛行物体のメソッド(捜査方式のアニマルコミュニケーション)
動物のトラウマと愛着について
リフレクション(内省)のエクササイズ
「調子はどうですか?」 肉体的自己と感情的自己
「動物の問題行動」 問題解決とカウンセリング
「さようならを伝える」 死、臨終と死後
「帰宅を支援する」 行方不明動物のケース
シャンテ・エスタのメソッド(動物になる)
自分自身の同伴動物とのコミュニケーション
私たちの鏡としての動物達

アニマル・ダウジングの応用テクニック

モカシンのメソッド「他者を理解するために相手のモカシンを履いて1マイル歩く」
キュウタン・メソッド
フク・テクニック
その他

 

 

■レベル3~6の新たな学習領域

(重複する領域はレベルを上がるごとにより高度な内容を学びます。)

 

・  上級のコネクション・テクニック

・  シャンテ・エスタの応用

・  救急時の動物の応急処置

・  感情面の応急処置

・  病気につながる保護者の思考パターンを動物の支援のもとで特定する

・  「さよなら」を伝える - 死 ・ 臨終 ・ その先

・  我が家への帰還 - 行方不明の動物

・  元気ですか?  ( 身体的自己 / 感情的自己 )

・  問題解決 -カウンセリング-、ナレーティブ・セラピー、動物の問題行動

・  攻撃的行動を管理するための行動サポートテクニック - 反応的な攻撃と積極的な攻撃

・  クライアント行動プラン

・  トラウマ解消プラン

・  トラウマルーム・モデル

・  動物のトラウマと愛着

・  セラピー効果のあるケア

・  アニマル・セラピューテック・カウンセリング - 危機とリハビリテーション

・  動物中心のセラピー

・  解決策にフォーカスしたセラピー

・アニマル・ダウジングの中級~上級テクニック

・  野生動物とのコミュニケーション

・  アニマル・コミュニケーション倫理

・  スピリチュアル・アニマルコミュニケーション - アニマル・コミュニケーションにおけるスピリットの( 霊的 )側面

 

 

 

2017年新設の講座

 

『  マスター・コミュニケーター& トレーナー』 認定プログラム 

(3フェーズ、全10日間)

 

 2017年京都にてフェーズ1開催予定 !

(詳細はメールにてお問い合わせください。)

 

※ プロ養成コース卒業者対象

※受講に際して一定の予備審査があります。

 

 

受講料:368、000円 (※フェーズ毎の分割納入が可能です。)

 

フェーズ1 (3日間) 125000円  (ペア割 102、000円)

フェーズ2 (3日間)    110000円 (ペア割  93、5000円)

フェーズ3 (4日間) 133000円 (ペア割 113,000円)

 

一定の条件(※下記参照)に基づいてコワン・ハケット・メソッド の一部のミニ・ワークショップやCH認定プロフェッショナル・アニマルコミュニケーター養成コースのレベル1をご自身で有料にて開催し教えることの出来る高い能力を有する「マスター・コミュニケーター」および「CHメソッド認定トレーナー」という2つの資格を取得するためのプログラムです。

 

※認定トレーナーとしてコワン・ハケット・アカデミーの教育プログラムを教える際の「一定の条件」の詳細についてはacaiworkshop@yahoo.co.jpまでメールにてお問い合わせください。

 

■コワン・ハケット・メソッド認定トレーナーの資格を得ると、大変人気の高いミニ・ワークショップ「アニマルトーク・サークル」とプロ養成コースの「レベル1」を有料で教えることが可能になります。

 

■当アカデミーのテキスト、北米原住民のエネルギーに満ちた魅力満載の音楽&映像教材を使用してコワン・ハケット・メソッドを分かりやすく教えるための教授法を丁寧に指導します。

 

■トレーナー認定取得後は随時コワン・ハケット・メソッドの最新テクニックを優先的に学ぶことが出来ます。よって、今後劇的な進化を遂げることが予測されるアニマルコミュニケーションの世界において他を大きくリードする教師を目指すことが可能になるでしょう。

 

 

「コワン・ハケット・アカデミーのユニークな教育プログラムを日本各地で広め、動物と保護者のお役に立ちたい。」

 

「アニマルコミュニケーション教師を目指しているけれども上手な教え方のコツがまだよく分からない。」

 

「既にアニマルコミュニケーションをプロとして教えているけれども、更に深く上級の知識を身につけ、講師としてもレベルアップしたい。」

 

上記のようなご希望をお持ちの方に是非「マスター・コミュニケーター&トレーナー認定プログラム」をお勧めいたします。

 

 

 フェーズ1の概要:

マスター・コミュニケーターにのみ伝授される最新の高度なコミュニケーション・テクニックを学び、さらに精鋭アニマル・コミュニケーターに欠かせない獣医学的基礎知識、アニマル・ヒーリング、その他の動物関連専門知識と専門用語を習得します。クライアント様からより信頼されるマスター・プラクティショナーを目指し、動物に関する幅広い分野の知識を身につけていただきます。(3日間)

 

※アニマルコミュニケーションの授業はシュンカ・ワカンが担当し、それ以外の授業は獣医師・ドッグトレーナー・その他動物愛護活動に携わる専門家による授業となります。

 

フェーズ2の概要:

コワン・ハケット・メソッドの基礎を教える認定トレーナーになるために必要な基本的概念や知識を習得していただきます。(3日間)

 ※講師はシュンカ・ワカンおよび当アカデミースタッフとなります。

 

フェーズ3の概要: 

コワン・ハケット・メソッドの基礎を教える認定トレーナーになるための実地訓練を受けていただきます。実際に壇上でアニマルコミュニケーションの授業を教えていただき、随時講師からフィードバックを受けつつ訓練します。4日目の最終日に認定試験を受験していただきます。(4日間)

 

※認定試験はご希望の日時にスカイプにて受験していただくことも可能です

※講師はシュンカ・ワカンおよび当アカデミースタッフとなります。

 

< フェーズ1~3の学習内容 >(予定)

・  マスター・プラクティショナーに必須の上級アニマル・コミュニケーションスキル

・ 動物の品種とその習性についての基礎知識

・  動物のトレーニング/しつけ&アジリティの専門用語と基礎知識

・  アニマル・ヒーリング概論  ( 動物へのフラワーエッセンスの活用、アニマル・アロマ、その他動物に応用可能な代替医療の基礎概念)

・  獣医学関連の基礎知識&必須基礎用語

・ 認定トレーナーとしての行動倫理&条件

・ コワン・ハケット・メソッドを教える際の必須項目

・  アニマル・コミュニケーション教育者に必要なマーケティング知識

・  世界のアニマル・コミュニケーション事情およびアニマル・コミュニケーション教育をめぐる環境

・  殺処分やペット産業、その他動物が生きる環境に関する最新事情

・ その他